和食器webショップ〜やきものの里肥前有田皿山から普段使いの和食器をお届けします〜有田焼・伊万里焼・三川内焼・波佐見焼

和食器引き出物ギフト通販〜碗 リスト
和食器引き出物ギフト通販〜カップ リスト
和食器引き出物ギフト通販〜皿 リスト
和食器引き出物ギフト通販〜鉢 リスト
和食器引き出物ギフト通販〜大皿 リスト
和食器引き出物ギフト通販〜備品・その他 リスト
和食器引き出物ギフト通販〜お薦め リスト
和食器引き出物ギフト通販〜会員限定ページ
和食器引き出物ギフト通販〜全商品リスト
和食器引き出物ギフト通販〜窯元別リスト


和食器引き出物ギフト通販〜隠者の宝箱
和食器引き出物ギフト通販〜販売終了リスト
購入金額3,980円以上で送料無料+購入金額12,000円以上で2割引

 隠者の blog から、ちょっとだけ切り取ってみました。。。。
隠者の独り言 最新版へ・・・
2013年11月06日
丁寧に正直に。。
2013年11月。。
相次ぐ食材の誤表記問題が明るみとなり、先日も百貨店の誤表記問題がニュースになりましたので、この機会にやきものの産地表示について少し記事にさせて頂こうと思います。

有田周辺の磁器製品の産地には、佐賀の有田焼伊万里焼を筆頭に、隣接する長崎県の三川内焼波佐見焼、といった産地があります。
でも、こういった産地の製品は『有田焼』の知名度とブランド価値の高さもあって、ひと昔前までは殆どの商品は『有田焼』として販売されていて、現在でも百貨店などではまだそのまま『有田焼』として表記案内され販売されているところも多いと聞きます。

丁寧に正直に。。〜隠者の独り言〜菖蒲の隠者
写真左は『波佐見焼』の窯元『陶房青』さんの『墨刷毛目』のカップ。
写真右は伊万里『鍋島焼』の窯元『巒山窯』さんの『黒線画』のカップ。
(いずれの製品もサイトには未出品の作品ですがお許し下さい)

『墨刷毛目』のカップは、弊社で形状もデザインも指定して制作をお願いし、手作りのロクロ成形で制作して頂いた作品で、お値段は一般価格で2800円。
『黒線画』のカップは、伝統工芸でもある鍋島独特の繊細な手描きが特徴の作品で、お値段は一般価格で4700円。

では、いったいどちらの製品が評価される商品なのでしょうか?

単純に『波佐見焼』と『伊万里(鍋島)焼』として比べれば、『波佐見焼』一時期の大量生産の雑貨・ギフト品的なイメージが残っていて、おそらく伝統工芸的価値の高い『伊万里焼』の方がブランド価値も高く、産地だけで比べれば『伊万里焼』の方が評価される傾向にあるでしょう。

じゃあ産地の事を頭から外して、作品として比べたらどうなのでしょうか?

『墨刷毛目』のカップは技術を必要とする手作りのロクロ成形で作られ、『黒線画』のカップは手作り風ではありますが型を使った成型品で作られています。
器の成型の評価だけでみればおそらく手作りロクロで制作された『墨刷毛目』の製品の方が一般的には好意的な評価をされるのではないかと思います。
しかし、『黒線画』のカップは成型品ではあっても他の産地には真似の出来ない、鍋島独特の繊細な絵付けの魅力があります。

何を伝えたいのかというと。。。
私個人的には、このどちらの製品もそれぞれに特徴を持っていて、それぞれに魅力的であり、私自身どちらの製品が好きとか素晴らしいとか、比べようがないと思っているのです。

手作りだから素晴らしい、型製品だからダメとか・・
有名な窯元・産地・高価だから素晴らしいとか、無名・安価だからダメとか・・
そういった基準ではなくて、製品そのものを見て・手に取って、その人がどう感じるのかが1番大事なのではないかと思うのです。

もちろん評価の基準には、デザインであったり、ブランドであったり、技法であったり、機能性であったり、さらに、商品価格であったりとさまざまだと思います・・

だからこそ商品を売る側は、その商品の参考になるような情報をキチンと丁寧にお客様にお伝えする事が1番大事なことで、それを間違った情報で案内したり偽装する事が悪いのであって、産地とかブランドとかは、最終的に商品の品質などを判断する時に必要な判断材料のひとつにしかすぎないと思うのです。

当サイトに出品している製品は、全ての商品に産地と窯元の表示をしており、必要に応じてその産地の製品の特徴や、制作技巧などの紹介をしております。
そして時には、制作者(窯元・作家)のバックボーンや、商品をセレクトした際の店主の思い入れなども含めてご紹介している場合もあります。


あとはお客様がその作品に触れて、その紹介・案内を見てどのように感じて下さるのか・・・

好みや評価の違いは百人百様・・
その中で商品のご紹介・ご案内を通じて、魅力的に感じて頂ける作品が少しでも生まれれば嬉しいな〜と思うのです。


※ 参考資料

『墨刷毛目ロクロカップ』を制作した際の関連記事
- 『墨刷毛目ロクロカップ』は、姉妹品『金泥釉カップ』の制作の際に、粉引の雰囲気を持つ製品を作りたいと思い制作して頂いた製品でした。


『鍋島黒線画ロクロ目カップ』の姉妹品
『鍋島黒線画フリーカップ』商品ページ


2009年06月16日
『雪 峰』の小道具♪
※ 時々お客様からお問い合わせを頂く用件に、
サイトで使用している『カトラリー』についてのお問い合せがあります。
先日もお問い合せがありましたので、折角なので『独り言』の記事でご紹介する事にいたしました♪

このカトラリーについては以前ブログでも紹介した事がありましたので、そのブログの内容をそのままご紹介します。

▼ 以下 2006年11月 のブログでの記事です。

snow peak これは、隠者が商品撮影の際に、演出用に使用する『小道具』のひとつです。

『小道具』といっても、元は隠者の趣味『アウトドア』用で使用していたもので、お気に入りの『道具』です。。。


* snow peak *

『スノーピーク』というブランドは、『アウトドア』を趣味にされている方には説明する必要がないほど人気のブランドで、中には熱狂的な支持者も多く、アウトドア用品の殆どをこの* snow peak ブランドで揃えておられるファンの方もいらっしゃいます。
隠者はというと、色んなブランド・メーカーの『良いとこ取り』が好きなので、全部揃えるという事はありませんが、それでもアウトドアの道具の中には、この* snow peak ブランドが少なくはありません。

勿体付けましたが、いったいこれは何の道具なのか。。。
一部中身が覗いていたので、もうお気付きだと思いますが。。。

これは、『アウトドア』用の『カトラリー』です♪

snow peak カトラリー こちらは、
ナイフ・フォーク・スプーン の3点セット

こんな感じで3つ束ねて、収納ケースにコンパクトに納まります。

snow peak カトラリー

チタンで作られた『カトラリー』は腐食にも強く、大変軽いのでまさに『アウトドア』向き。

おまけに、デザインもシンプルでカッコイイし、チタン製の素材が、光沢を抑えた渋〜い肌合いで隠者好みです♪

(こちらはカタログに載っていないようなので、既に製造中止になっているかもしれません)

snow peak カトラリー
そしてもう1点、こちらは

『 携帯 My 箸 』 です♪

収納ケースから出した状態が ▼ コチラ ▼
12cmほどの長さの金属性の筒が2本入っています。
snow peak カトラリー

この筒の中には、木製のお箸の先端が収納されていますので、それを取り出し。。。

snow peak カトラリー

収納されていた筒の先に、取り出した木製のお箸の先端をねじ込み式で取り付ければ。。。

snow peak カトラリー

お箸の完成です♪

snow peak カトラリー

普段出張の多い隠者にとっては、いざという時頼りになる相棒で、こんな風にひとつに束ねて持ち歩いています♪

snow peak カトラリー

『アウトドア』用とはいえ、そのシンプルでオシャレなデザインは、市販の『カトラリー』よりもむしろオシャレな印象さえ受けます。。。


古染釉でかスープ と snow peak カトラリー

こんなオシャレな『カトラリー』『アウトドア』用に限定して使うのは勿体ないですよね。。。

普段日常で使っている『カトラリー』も、時々こんな『カトラリー』にチェンジしてみるのもオシャレかもしれません♪

『バルコニー』『オープンデッキ』などのあるお宅では、ちょっとした外飯気分でも使えるのでお勧めです♪

陶仙房の器 と snow peak カトラリー
2009年06月04日
水無月豆腐
『水無月豆腐』とは、この時期(6月)になると多くの日本料理店の献立にあがるお料理だそうです。
その謂れは京都でこの時期作られる、『水無月菓子』という和菓子。
このお菓子は平安時代の宮中行事として旧暦の6月1日(現在の7月1日)に「氷の節句」として氷室の氷を取り寄せ口にする行事があり、それにならって(氷が手に入らない)庶民の間で氷をかたどった氷餅「水無月菓子」が作られるようになったのだそうです。
三角の形が氷室の氷を表し、氷室から切り出した際に小石のかけらが付いたままの姿を小豆で表現しています。
夏に向かい田に水を引く「水の(無)月」に、氷で暑気を払い小豆で邪気を払う・・夏の疫病、水の災厄を除くための儀式にちなんだ、日本らしい謂れのあるこの時期ならではの定番料理なのですね。

そんな『水無月豆腐』に出会ったのは、富山にある割烹料理店

『いけす割烹 銀鱗』

『和三盆』を使った水菓子『水無月豆腐』『いけす割烹 銀鱗』
こちらのお店の6月のコースメニューの献立にこの『水無月豆腐』があります。
月変わりのコースメニューは三千円と5千円の2種類があり、『水無月豆腐』は5千円のコースのデザートとして出されますが、単品料理としても300円でご注文頂けます。(6月の1ヶ月間だけしか味わえないデザートです。機会がある方は是非ご賞味ください♪)

一般的な『水無月豆腐』はというと、『吉野葛』などを使い『胡麻豆腐』ベースで先付けなどのお料理として出される事が多いようですが、こちらの『銀鱗』では今回はデザート(水菓子)としてお料理されています。
ヒンヤリと冷たく冷やしたデザートは、『和三盆』を使った贅沢で上品な甘みと、きめ細かな滑らかな口当たりが、口に頬張った時にヒンヤリとまろやかで、まさしくこのお料理の謂れを思い起こさせるようでした。抹茶のクリームソースとの相性もとても上品な和食らしいデザートに仕上がっていました♪

今回はたまたまこの時期の出張で、板長が6月の献立に頭を悩ませておられる時にタイミングよく訪問したお陰で、美味しいデザートの製作秘話と試食に立ち会う事が出来、とってもとってもラッキーでした♪(店々で独自に創意工夫されながら、新しい味・メニューが生み出されていくのだなと、料理の中の職人の世界に触れた気がしました)

お店の献立のメニューにはさりげなく「和三盆を使った水無月豆腐」としか書かれていません。。何も知らずに味わっていたとしたら、きっと「上品で和食らしいデザートだな・・♪」程度にしか感じなかったかもしれない、そんなお料理も。。こんな謂れがあって、だからこそこの時期にしか味わえない特別なお料理なのだと知った時に、お料理のありがた味も美味しさもなおさら感じられるような、そんな気がします。

さりげなく「水無月豆腐」としか書かれていないメニューを見て、もっともっと日本料理の奥の深さをアピールして欲しいなと思った隠者でした。。
2006年10月01日
隠者の杖
10月01日(日)
ネット徘徊していて 『 Google Maps API 』 なるものを見かけた。

以前にも偶然1度見かけて、その時はちょっと興味のあった場所を衛星画像で見てみたのだが、まだ鮮明な画像が間に合っていなかったせいで、「何だこんな物か。。」とたいした興味も湧かなかったのだが・・・

今回は物は試し、隠者のお店を見てみると、なんと田舎町であるにも拘らず、有田の町だけは既に鮮明な画像に更新されていて、最大ズームにすると隠者の店舗の屋根までしっかりと見えるではないか。。。



こうなると、もう病み付きである。。。
有田の町のいたるところをズームしては・・
『おぉぉ〜〜!!』『あぁぁ〜〜!?』『へぇぇ〜〜♪』。。と
PCに向かい独り、訳の解らぬ相槌を繰り返すのでした(笑)

幼い頃。。。
『ロッククライミングの練習中に、落下事故で亡くなった方が沢山いる』
と聞かされ、ちょっぴり怖い思いで見上げていた、
断崖絶壁を持つ、町のシンボルの岩山が、
上から見るとまるで帆立貝の口のような形をしていたり。。。



その恐怖の絶壁のすぐ裏側が、
よく遊んでいたダム入口の駐車場だっただなんて。。。
全く思ってもいなかったことに、この歳になって初めて気付き。。。

隠者が幼い頃地上から見上げた景色を、こうして改めて空の真上から見下ろしてみると、その時には気付かなかった物が見えてきて、不思議な懐かしさでいっぱいになりました。

こうなると隠者の熱しやすい性格には、すぐに火がつきます(苦笑)。。
うちのサイトにも設置する事にしました♪
でも、有田周辺の観光案内にはもってこいだし、
出張の多い隠者はそのレポを貼り付けることも出来るし・・・ちょっと面白いかな♪。。。なんて思っております。 よかったら暇つぶしに覗いて見てくださいね。


一通りの設置準備が終わり、ちょっと一息入れて、
今度は外国でも覗いて見ようかな♪。。。なんて、エジプト辺りに飛んでいくと。。。
それまでの日本の緑に包まれた綺麗な景色から一変して、砂漠の中の地形は、行けども行けども砂模様の大地に覆われていて、見ているうちに段々恐怖さえ覚えるような。。暗い気持ちになって行くようでした。。。(ちょっとカルチャーショック。。)

結局ピラミッドを見つけるのは後回しにして。。。(笑)
日本へ戻り、大好きな阿蘇を見てみると、これも鮮明な画像で。。
色んなところを探しては、いつまで見ていても飽きない隠者でした♪

皆さんも思い出の場所などを神様気分で上空から眺めてみてください。。
ちょっと不思議な感動を味わえると思いますよ♪


その後、位置情報の入力作業の合間に、
お得意様のホテルを試しに覗いて見ると、従業員駐車場には、
いつものように板長さんの白い車が止まっていました(笑)。

2006年01月01日
2006年元旦
平成18年 1月1日(日)
新年明けましておめでとうございます。


旧年中は、『菖蒲の隠者』 をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
本年もお客様のご期待に応えられる様、頑張って行きたいと思っております。 
どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。


隠者@管理人

Aquila Kamochi
Facebookページ

購入金額3,980円以上で送料無料
購入金額12,000円以上で2割引
会員ポイントのご案内
初回入会登録時に
1000ポイント(千円相当)
プレゼント。
お買い上げ100円毎に
5ポイント(消費税相当)
を加算させて頂きます。
菖蒲の隠者 ショッピングカート会員ログイン
会員登録は初回ご購入時にショッピングカートからのお手続きとなります。

会員ポイントの詳細についてはコチラを参照下さい。
和食器・アイテム 一覧

めし碗
どんぶり
そば猪口
カップ
湯のみ
珈琲碗皿・マグ
フリーカップ
皿・プレート
小皿
取皿
中皿
多用皿
鉢・ボウル
小鉢
取鉢
中鉢
多用鉢
大皿・盛込
大皿
大鉢
盛込
備品・その他
インテリア
酒器・注器・片口
小物・カトラリー
茶器・ポット
ギフト
プレゼント
イベントギフト
引き出物
ご贈答
ギフト・オプション
窯元・作家 一覧
+IH(プラスアイエイチ)
銀河釉 中尾哲彰
ムラカミミワコ
巒山窯 山本拓男
李荘窯
Arita Porcelain Lab
金善窯
錦右衛門窯
藤巻製陶所
一峰窯
大拓窯
瀬兵窯
平戸松山窯
陶房青
一真窯
洸淋窯
筒山太一窯
商品金額別 一覧
〜1000円
1000円〜2000円
2000円〜3000円
3000円〜4000円
4000円〜
和食器引き出物ギフト通販〜モノトーンシリーズ 和食器引き出物ギフト通販〜カラフルなうつわ 和食器引き出物ギフト通販〜染付のうつわ 和食器引き出物ギフト通販〜私だけの特別なうつわ 和食器引き出物ギフト通販〜独り暮らしに便利なうつわ 和食器引き出物ギフト通販〜こどものうつわ
和食器セレクトショップ
菖蒲の隠者(蒲 仙 堂)
リアル店舗のご案内
菖蒲の隠者 Gallery & Shop インフォメーション
店舗 Facebookページ
★ 実店舗(本店)
蒲仙堂 ぎゃらりー&しょっぷ

★ アンテナショップ
銀河釉 + 菖蒲の隠者
collaboration gallery

銀河釉 + 菖蒲の隠者 collaboration gallery
お問い合せ
商品に関すること
和食器の取り扱いについて
ギフトや引き出物のご相談
どんなことでも結構です、お気軽にお問合せ下さい♪
和食器web通販ショップ菖蒲の隠者へのお問合せはこちらからどうぞ
和食器web通販ショップ菖蒲の隠者へのお問合せはこちらからどうぞ
※こちらのお問合せメールフォームから送信される情報は、SSL暗号化で保護されております。

☆ お電話・FAX でのご注文・お問い合せも承ります
TEL 090-3570-8261
FAX 0955-43-2513